閉じる

商品検索

カラー

スカーフの
お手入れについて
末永いご愛用をするために

「お気に入りの一枚だからこそ、大切に使いたい。」

「思い出がたくさん詰まったスカーフを少しでも永く楽しみたい。」

そのような思いを持っている方々へ、Marcaからのご提案です。

スカーフを末永く楽しむためには、日々のお手入れが大切です。
スカーフ専門店の伝統横濱スカーフMarcaだからこそ伝えたい
シルクスカーフ、ストールを末永くお使い頂く為の工夫をご紹介します。

1. 楽しみ方

「スカーフやストールは首元に巻いて楽しむもの」とお考えの方は多いのではないでしょうか。
襟元に巻いて楽しむことはもちろん、ボレロのように羽織として、また頭に巻いてヘアバンドのようにするなど、様々な楽しみ方があります。

お気に入りのスカーフ、ストールを末永くお楽しみ頂くためのポイントをご紹介します。

巻き方のポイント

同じスカーフを連日何度も繰り返し、同じ巻き方をするとその部分だけが汚れてきてしまいます。
出来れば数枚のスカーフを順番に、色々な巻き方で楽しんで頂くことをおすすめします。

化粧品などの付着を避ける

直接地肌につけない巻き方を取り入れて楽しんで頂くこともポイントです。
気温が落ち着いてくる季節では、タートルのトップスを着ることで直接地肌に触れることなくスカーフを巻くことが出来ます。

汗をかく前に外す

シルクのスカーフ、ストールは汗によって生地にダメージを受けてしまいます。
汗をかきそうだなと感じた時には思い切って外しましょう。そうすることで、汗による生地へのダメージを防ぐことが出来ます。

スカーフを使ったタートルネックコーデ スカーフの巻き方 ドレープ結び

2. 着用後の保管について

スカーフを取り外したら直ぐには収納せずにハンガーや椅子などにかけて、一晩風通しの良い、光の当たらない場所で半日ほど吊るして湿気を飛ばします。

翌日、光が当たらない箱やタンスなどの場所で出来るだけゆったりと収納し、保管しましょう。
光が当たり続けると、色褪せや変色をする恐れがあります。
保管するときは、Marcaのたとう紙に畳んでしまっておくことをおすすめしております。

また、ハンガーにかけた状態でしまっておくこともおすすめです。
その際は、静電気などでついてしまう埃を、定期的に洋服用のブラシなどで軽く払っておくといいでしょう。

スカーフをハンガーにかける スカーフをMarcaのたとう紙に入れる

3. お洗濯について

シルクのスカーフやストールをお洗濯する際にはいくつかの注意が必要です。
ここでは、“ ウォッシャブルタイプ ” と “ それ以外のスカーフ ”のお洗濯についてご紹介します。

スカーフのタグについて

スカーフのお洗濯をする前には、必ずタグに書かれている内容を確認するようにしましょう。
タグには洗濯表示が書かれているので、失くさないように保管をしておくとお洗濯の時に役立ちます。

例)ウォッシャブルタイプの洗濯タグ

液温は40℃を限度とし、手洗いができる 酸素系漂白剤の使用はできるが塩素系漂白剤は使用禁止 タンブル乾燥禁止 日陰のつり干しがよい 底面温度150 ℃を限度としてアイロン仕上げができる 石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる 弱い操作のウエットクリーニングができる

例)絹100%素材の商品の洗濯タグ

家庭での洗濯禁止 塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止 タンブル乾燥禁止 底面温度110 ℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げができる 石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる ウエットクリーニング禁止

ウォッシャブルタイプのお洗濯について

ウォッシャブルタイプのスカーフ、ストールはご自宅でお洗濯をして頂くことが出来ます。
ここではお洗濯の時に気を付けてほしいポイントをご紹介します。

「洗い」について

シルクのスカーフやストールを洗濯する際には必ず中性洗剤を使い、人肌程度のぬるま湯で遷移を傷めないように軽く手洗いで行ってください。

※塩素系洗剤、アルカリ性洗剤の使用や洗濯機を使用しての洗濯はシルクの生地を傷めてしまいますので、注意が必要です。

「すすぎ」について

洗い終わった後は洗剤が残らないように十分すすいで洗剤を落としてください。

「乾燥」について

乾かす時には絞ったりせず、乾いたタオルを当てて水気をとり、風通しの良い所で陰干しをしてください。

※直射日光が当たると生地を傷めてしまったり、変色の恐れがあります。

保管をする前に

乾燥後はスカーフの裏側から軽くアイロンを当てて湿気を飛ばしましょう。

※アイロンをかける際のポイントは、「4. アイロンのかけ方」をご覧ください。

ウォッシャブルタイプ以外のお洗濯について

ウォッシャブルタイプ以外のスカーフ、ストールは専門のクリーニングに出して頂くことをおすすめしています。
汚れ等が付着した場合は、なるべく早くクリーニングに出すようにしましょう。

クリーニングに出す際には「縁をつぶさないようにしてください」とクリーニング店で伝えて頂くと、縁の形を保つことが出来ます。

4. アイロンのかけ方

アイロンを中程度の温度でスチーム状態にして、スカーフの裏側から横に流すようにかけます。
出来ればスカーフの裏にあて布をするとよいでしょう。

また、手巻きの縁をつぶさないように気を付けてください。ふっくらとしたその縁をつぶさないように、アイロンは縁の手前で止めます。

スカーフの真ん中の十字の折り線は、軽く残っていると結びやすいです。

スカーフの真ん中の十字の折り線 スカーフの縁